「画家たちの自画像展」 藤田嗣治から草間彌生まで

2021年03月05日更新

画家が自ら描く自分自身の姿――自画像は、まさに画家の分身ともいえる存在です。

本展は、藤田嗣治、鴨居玲、梅原龍三郎など笠間日動美術館が所蔵する自画像に、今西中通、寺田政明、平野遼など北九州市立美術館が所蔵する自画像をまじえて、日本近代の洋画家たちが描いた多彩な自画像の世界をご紹介します。

また、草間彌生ら現代作家、キスリング、シャガールら海外作家も特別出品し、自画像を通して巨匠たちの新たな魅力に迫ります。

会期

2021年4月24日(土)〜6月6日(日)

会場

北九州市立美術館 分館

料金

前売券:一般 800円 / 高大生 600円 / 小中生 400円 (税込)

※緊急事態宣言中、休館のため、前売券販売を中止しております。

取り扱い店舗

福岡パルコ店

上記以外の店舗でお受け取り希望のお客様は、お電話(03-6327-3711)

または店頭でご予約ください。

            

アート一覧に戻る

おすすめ情報一覧はこちら